カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

アフリエイター募集

    

↓↓↓登録後の操作方法についての詳しいオンラインマニュアル

「しろいぬ新聞」利用規約

1条(サービスの定義)

本規約において「しろいぬ新聞」とは、運用する株式会社ビッグフット(以下「当社」といいます)が、別途契約を結んだ東英子(以下、「著作権者」といいます)から配信、代金徴収等を受託し、当社が商品を販売し、利用登録したユーザー(以下「利用者」といいます)に対してお話メールを配信するサービスをいいます。

2条(利用登録)

「しろいぬ新聞」の配信サービスを受けるためには、当社が販売する購読商品を購入し、利用登録が必要です。1契約あたり1つのメールアドレスを登録できます。利用者は本規約の各項に同意したものと見なされます。

3条(登録情報の取り扱い)

1. 登録された情報は、当社のプライバシーポリシーならびに関係する法令に従い、当社が保有し管理します。

2. クレジットカード決済に必要な情報は、業務委託先である株式会社ならびに登録されたクレジットカード会社に提供します。

4条(登録情報の変更)

登録情報に変更が生じたときは、速やかに内容を連絡してください。登録内容の変更は、登録情報変更フォームにて行ってください。

5条(解約)

解約は所定のフォームから行ってください。配信契約回数の途中で配信停止手続きを行った場合、当該メールの配信を受けることは出来ません。配信契約回数の途中に解約手続きを行った場合であっても、配信利用料の返金は出来ません。

また、配信契約回収の途中で解約手続きを行った場合、その時点をもって契約は終了したものとします。

6条(禁止事項)

以下の行為を禁止します。

o 利用者登録情報に虚偽内容を登録すること。

o 当社が配信する「しろいぬ新聞」の全部、または一部を転送、転載、公開、複製、改変、抜粋、要約すること。

o 「しろいぬ新聞」における権利の全部または一部を、第三者に譲渡、転売、質入、共有させること。

o 本サービスの運用を妨げる行為。

o 公序良俗に反する行為。

o 日本国の法令に違反、または違反する恐れのある行為。

o 著作権者、当社、ならびに第三者を誹謗、中傷する行為。

7条(権利の喪失)

利用者が次の各項のいずれかに該当した場合、当社は利用者への配信その他のサービスを事前の予告なく中止できるものとし、その場合、利用者は全ての権利を失うものとします。

o 利用規約に違反した場合。

o その他、当社が利用者として不適格と判断した場合。

8条(著作権)

「しろいぬ新聞」の著作権は、東英子ならびに利用を許諾された第三者、または当社にあります。利用者は著作権法上明示的に認められている範囲を超えて、いかなる利用も出来ません。

9条(広告配信)

当社は「しろいぬ新聞」に広告または宣伝を掲載する場合があります。また、別途広告又は宣伝を含むEメールを送信することができます。利用者はこれを承諾したものとします。

10条(免責事項)

1. 著作権者や当社は、当サービスの利用、または「しろいぬ新聞」の内容に基づく行為によって利用者に発生した不利益に対して一切の責任を負いません。

2. 重大事故、事件、天変地異等、執筆者や株式会社文藝春秋の責に帰さざる事由による通信回線の故障等による提供記事の本数減、未送信、遅延に関し、著作権者や当社は免責されるものとします。ただし、原因が除去された場合には、速やかに配信が再開出来るよう最善の努力をするものとします。

3. 利用者の利用する端末、契約プロバイダ、インターネット環境等、当社の責に帰さざる事由により「しろいぬ新聞」が受信、閲覧出来ない場合、当社は一切の責任を負いません。

4. その他、本サービスの変更や、中断、遅延、停止、廃止による利用者の損害について著作権者や当社は一切の責任を負いません。

5. 本契約の他の定めにかかわらず当社が法令上、利用者に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の各利用者に対する損害賠償責任は、損害の事由が生じた時点から過去に遡って配信契約回数に当該利用者から現実に受領した本サービスの対価の総額を上限とします。

11条(規約変更)

当社は、あらかじめ利用者の承諾を得ることなく、本規約の変更が出来るものとします。

12条(残存条項)

本規約第6条、第8条、第9条、第10条、第13条は、利用者がすべての「しろいぬ新聞」の購読を解約した後といえども効力を有するものとします。

13条(合意管轄)

本利用規約は日本法に準拠し、本サービスに関する争訟については、長野地方裁判所をもって専属的な第一審管轄裁判所とします。

付則:
2015
1122日 発効

プロフィール

画家として、童話作家として多くの人に親しまれた東君平さんが肺炎のために亡くなったのは昭和61年12月3日だった。46歳・・・。

そのあまりにも呆気なく、あまりに早すぎた死の知らせに、いたずら好きの君平さんの冗談ではないかと 思った人も少なくなかった。けれどもそれは、いたずら でも冗談でもなかった。

少年のような目と心を持ち続けた君平さんは、もう帰っては来ない。 「忘れない」 という魔法を、わたしたちにかけたまま、君平さんは逝ってしまった。

西島三重子「東 君平物語」より

《少年の日々》
昭和15年1月9日に神戸で生まれた。父の信一郎氏は大きな病院の院長で、 君平さんはその6人兄弟の4番目として裕福な生活をすごした。
戦火により家を消失し、和歌山の親戚に疎開し、やがて終戦。昭和22年、 神戸に病院が再建され、名門雲中小学校に転校した。多感で好奇心の強い君平さんは、 戦後の神戸の街で我がもの顔で徘徊するアメリカ兵や、生きるために這い上がろうと する人々の姿を、のちに「くんぺい少年の四季」に描いている。
昭和28年。浜協中学に進学するが、父の死をきっかけに家が破産し、東一家は離散した。何不自由なく生活してきた少年には、それは辛い生活だった。
働きながら中学へ通い、鰹節工場の手伝い、蒔き割り、鶏糞の俵担ぎ、何でもやった。

《さまよう青春》
昭和30年。中学を卒業後、母や兄を頼って、家出同然に上京する。しかしあまりの貧しさにがっかりした。おまけに東京の流れの速さにもついていけず。
敗北感を味わう。熱海の写真屋で住み込みで働く。隣に住む尚美ちゃんの「お兄ちゃんは絵描きさんになるといいのに」の一言で、本格的に絵を描くよう になる。画材に苦労した君平さんの手法は、印画紙を保護するための黒い紙を使った切り絵だった。それを安全カミソリで切り抜いては、小さなスケッチブックに貼った。自分の将来を模索していた君平さんは、水を得た他魚のように、夢中で身の回りの情景を描き続けた。熱海時代は君平さんの原点となった時期であった。

《夢をおいかけて》
18歳になると、「絵描きになる」とうい夢をかかえて上京。築地の新聞販売店 で働きながら、中央大学付属高校の定時制、お茶の水美術学院にも通ったが続かず、その後、東中野の写真屋に住み込み、作品を作っては、出版社や新聞社に持ち込む。
昭和34年、仕事をもらえるようになり、中野区鷺ノ宮に友人と小さな部屋を借りた。明大付属中野高校の定時制に再入学。このころ母から画家・堀文子さんを紹介される。堀さんは君平さんの若い才能を絶賛し、仕事を紹介してくれた。

《白と黒の時代》
昭和37年、「漫画読本」で切り絵漫画家として本格デビューした。22歳だった。そしてその作品に心打たれた女性がいた。のちに夫人となる英子さんだ。
翌年、転校した盆進高校を卒業。谷内六郎氏の後押しで、新宿伊勢丹ギャラリーで 初めての個展「白と黒の世界」が開かれ、大評判となる。 そして12月21日結婚。
年が明けた昭和39年、英子さんと渡米し、6ヶ月のニューヨーク生活を経て、帰国。12月には始めての絵本「びりびり」出版。絵本や童話などの創作活動に取り組む。翌年、長期に渡って、フランス、オランダ、北欧をスケッチ旅行。犬年の昭和45年、松屋にて紙ねんどによる「101匹のわんちゃん大行進」開催。子どもたちの人気を博す。

《あたらしい道》
昭和48年から、ライフワークともいえる、毎日新聞の「おはよう童話」の連載が始まる。それを機に、仕事は絵よりも文章に比重がかかるようになる。
それからしばらくして、「週間文春」に「イラストライター廃業宣言」の広告を出し、世間を驚かす。
翌年には「詩とメルヘン」で「くんぺい魔法ばなし」の連載が始まる。昭和51年には甥の山口さんと娘の菜奈ちゃんと西表島を横断し、その奮闘ぶりを「山猫の島横断期」にまとめた。 続々と本が出版される中、「おはよう舎」設立。この年「毎日広告賞第一席」、昭和52年、「毎日新聞社・児童文学賞」、昭和53年、「詩とメルヘン賞」受賞。昭和53年・55年、アフリカを訪れ、翌年、「くんぺいごしちごアフリカえほん」を自費出版し、収益を全額アフリカへ送る。
昭和58年、君平さんは別荘を借りた小渕沢が気に入り、「いつか、ここに僕の美術館を建てられたらいいなぁ」と夢を持つ。その土地に後に「くんぺい童話館」が建つこととなる。

《消えない魔法》
昭和61年、家族旅行をした。ハワイ旅行、神戸旅行、スリランカ、モルジブetc。
何年分もの家族サービスをまとめて行ったような行動だった。
夏の終わりごろから、風邪っぽいと言っていたようだったが、精力的に仕事をこなし、「くんぺい美術館」の実現に、夢を膨らませていた。
昭和61年12月3日。君平さんは肺炎のために亡くなった。
永遠に消えない「魔法」を私たちにかけたまま、風のように、昭和という一つの時代を走り抜けていった。

東 英子(Eiko Higashi)

昭和38年に東君平と結婚、二女をもうける。君平の没後、平成元年に美術館くんぺい童話館を設立、自らが館長をつとめる。
植物に造詣が深く、童話館の庭で700種の草花を育てている。
著書に「くんぺい童話館物語」(河出出版)がある。
東 菜奈(Nana Higashi)

東君平、東英子との間に生まれた長女。
彼女のプロフィールはホームページから拝観することが出来る。
http://docca.net/nana/
やなせ たかし(Takashi Yanase)

東君平さんは天才である。それもこの世には珍しい妖精タイプの天才で、詩人仲原中也と同タイプである。
君平さんは天から与えられた才能を持つ詩人だった。
ぼくは彼の詩を読むといつでも感動した。君平さんにはかなわないと思った。現在の詩には 欠落しているこころよいリズムと何よりも感性が優れていた。 君平さんの詩と比較すると、俗世の詩はみんなダサい感じがする。へんに作りすぎている。こういう詩が天性の詩人なのだ。

辻 仁成(Hitonari Tsuji)

ぼくの母は、君平夫人の英子さんのいとこにあたる。君平さんの生き方を間近に見たことにで、自分にも何かの才能があるかもしれないと、思うようになったのだ。ぼくが混沌として悩んでいるときも、いつもぽろっと言うさりげない言葉の中で何かを伝えてくれる人だった。大切なのは一生の中で、どれだけ自分を地球にきざむことができるかということだ。芸術であろうが、愛であろうが、一生懸命やったことを残せと教えてくれた。ぼくはそのパワーだけは受けついでいるつもりである。

岸田 衿子(Eriko Kishida)

かれこれ二十数年前のことになる。色の絵本というシリーズが出ることになって、何人かの画家と童話作家が一ヶ所に集められた。一人だけ特別に子供っぽく見える絵描きが混じっていて、この人が君平さんだった。彼が「おはようどうわ」などを書きに小瀬温泉(軽井沢)によく行く話が出て、その延長で六里ヶ原の私の山小屋にも現れるようになった。とめども湧いてくる君平さんの独特な物語りと、黒でくっきり切りとった絵の組み合わせは、どちらをはずすわけにも行かない。すてきな完成した世界なのだ。

※本文はサンリオ「東君平の世界」から抽出しました。

立ち読み&データのダウンロード

利用規約
  • 作品の著作権は東英子に、立ち読みのデータの著作権は螢咼奪哀侫奪箸傍属します。
  • 立ち読みのデータは、いかなる形でも、コピー、複製、再出版、掲示、配布、公衆送信することはできません。

ファイルのダウンロードを代表的なブラウザのInternetExplorerで説明します。
 ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。
iPad/iPhone,Android端末,Windowsphone、では閲覧できません。お客様の環境によっては、閲覧が出来ない場合がございますので、ご了承ください。
「実行」ボタンをクリックしてファイルのダウンロードを開始します。
デジタル署名をしていませんので、上記画面が表示されます。
「実行する」ボタンをクリックしてください。
セキュリティソフトが起動した場合、ダウンロードの「許可」のボタンを押してください。
*許可しないとダウンロードが始まりません。
ダウンロード終了後、画面上にダウンロードした本が表示されます。
ページをクリックすると本が開きます。
画面上からダウンロードした本を消したい場合は、
キーボードのEsc(エスケープキー)を押してください。



*文章中、差別的な表現がございますが、当時の状況を鑑み、また芸術作品であることに配慮して原文のままで表記します。

よくある質問

利用規約

作品の著作権は東英子に、本のデータの著作権は螢咼奪哀侫奪箸傍属します。

●本のデータは、いかなる形でも、コピー、複製、再出版、掲示、配布、公衆送信することはできません。

●iPad/iPhone,Android端末,Windowsphone、では閲覧できません。

実サイズで開いたメディアブックの閉じ方がわからない
Esc キーを押すか、タスクバーから 閉じる メニューで閉じてください。
購入したらどのように本が見られるのですか?
購入したい本の「立ち読み」ボタンをおして、データをダウンロードしてみてください。。
ダウンロードが問題なくできたら、通販でパスワードを購入してください。
パスワードがメールで送られてきます。

パソコンにダウンロードした本を開いて、「パスワードを入力」ボタンをおして、送られてきたパスワードを入力してください。

*インターネットに接続された状態でなければ認証ができませんので、ダウンロードした本を読むことはできません。

コンテンツパスワードを入力して、OK ボタンを押します。すべてのページが見れらるようになります。
セキュリティソフトが起動している場合、認証に失敗する場合があります。その場合、いったんセキュリティソフトを止めてから再試行してください。
パスワードで認証済みのブックを他人に渡した場合、読めますか?
ブックをもらった人は、新しいパスワードを手に入れなければ読めません。
つまり、ブックをもらった人がパスワードをセットでもらっても読むことはできません。
パスワードがネットに流出した場合、同じパスワードを使って複数の人がブックを見れますか?
パスワードがネットに流出しても、複数の人がブックを閲覧できる状態にはなりません。




*文章中、差別的な表現がございますが、当時の状況を鑑み、また芸術作品であることに配慮して原文のままで表記します。

利用規約


株式会社ビッグフット(以下「当社」といいます)は利用規約(以下「本規約」といいます)を以下の通り定めます。お客様がサイトを利用される場合、またはパスワードを購入される場合にはこれらの条件に同意されたことになります。利用条件に同意されないようであれば、ご利用をお断りいたしますのでご了承ください。

第1条 定義

  1. 「本サービス」とは、当社が「くんぺい文庫」というサービス名称で運営・提供するデジタル化された書籍の有料の閲覧サービスおよびそれに付帯するサービスを総称していいます。
  2. 「ユーザー」とは、本サイトを閲覧する利用者および本サイトでパスワードをご購入いただいた利用者をいいます。
  3. 「本サイト」とは、当社が運営するサイトを指します。

第2条 契約の成立

  1. 本サイトによるパスワード購入のための当社とユーザーの間の契約は、ユーザーがパスワード購入画面において、購入希望の電子書籍のパスワードを選択のうえ、決済機密情報(ID、パスワード、クレジットカード番号等)を入力し、当社がこれに対し認証確認した時をもって成立したものとみなされます。
  2. ユーザーは、本サービスにおける配信可能機器が限られ又は今後限られる可能性があることについてあらかじめ同意するものとします。
  3. ユーザーが、本サイトにおいて登録できるパスワードに対するアカウントは1つです。

第3条 料金の不返還

  1. 本サイトの利用において既に支払われたパスワード購入料金は理由のいかんを問わず、返還されないものとします。但し、第2条2項に規定する場合を除き、当社の事由により本サイトにおける各コンテンツが利用不可能であった場合は、購入日から14日以内にお申し出がある場合に限り、再提供もしくはキャンセル処理いたします。
  2. ユーザーは、第2条に規定する契約成立後に、購入を取り消すことはできません。

第4条 本サイトもしくは本サービスの中断

  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、一時的に本サイトもしくは本サービスの全部もしくは一部を中断することがあります。
    (1) 本サイト用設備等の保守を定期にまたは緊急に行う場合。
    (2) 火災、停電等により本サイトの提供ができなくなった場合。
    (3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サイトの提供ができなくなった場合。
    (4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サイトの提供ができなくなった場合。
    (5) その他、当社が運用上、技術上、またはその他理由により本サイトもしくは本サービスの全部もしくは一部を一時中断、もしくは中断が必要と判断した場合。
  2. 当社は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サイトもしくは本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因するユーザーまたは他の者が被った損害について一切責任を負わないものとします。
  3. 当社は、ユーザーの了承なく本サービスにて提供するコンテンツを利用停止またはアクセス制限し、またコンテンツの内容を変更することがあります。その場合においても当社はユーザーまたは他の者が被った損害について一切責任を負わないものとします。

第5条 利用条件の改訂
  
  当社は、事前の予告なく本規約を改訂できるものとします。この場合には、本   サイトの利用条件は、変更後の規約によります。

第6条 私的使用限定著作権等

  1. 本サイトが提供するデータの著作権は全て著作権利者に帰属します。
  2. 本サイト上のデータは、いかなる形でも私的使用以外の目的でコピー、複製、再出版、掲示、配布、公衆送信することはできません。著作権利者もしくはその他の権利者に同意を得ない上記の行為は、著作権侵害となり、著作権法により禁止されております。たとえば、本サイト上のデータの一部または全部を著作権利者の許諾を得ずにホームページに転載することや、社内のLANなどで配信することは違法行為となります。当社もしくは著作権利者あるいはその他の権利者は、ユーザーの違法行為により生じた一切の損害、損失および費用の賠償を警告なく請求するものとします。
  3. 本サイトで公衆送信しているデータは個人の端末1台に限りダウンロードして利用できます。店鋪、事業所、不特定多数の方が利用される施設などで利用することはできません。
  4. ダウンロードしたデータの権利は著作権利者がユーザーに譲渡するものではありません。ユーザーは所有する記憶媒体にデータを保管し所有しますが、データのすべての権利およびそれに含まれるすべての知的所有権は著作権利者に帰属します。

第7条 免責
  
  本サイトに掲載されている各種データや資料など全ての情報の内容について、  当社もしくは著作権利者はいかなる保証も行うものではありません。万一、これ  らの情報に誤りがあった場合やこれらの情報をユーザーが利用することで発生  したトラブルや損失に対して、当社は一切その賠償の責を負うものではありま   せん。

第8条 禁止事項

  1. ユーザーは、本サイトに関して以下の行為を行わないものとし、万一ユーザーがこれに違反したときはパスワード登録を取り消されることがあることに予め了解するものとします。
    (1) 当社もしくは他の者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    (2) 本サイトによりアクセス可能な当社または他の者の情報を改ざん、消去する行為。
    (3) 他のユーザーのユーザー情報を利用して本サイトにアクセスする行為。ただし、ユーザーの死亡によりその地位を相続した場合における当該相続人(単独でユーザーの地位を相続した者に限る。)のする行為を除きます。
    (4) ユーザー情報を共有すること。
    (5) ユーザー情報を第三者に対して売却その他の譲渡若しくは質入れをし、又は第三者に対して貸与その他の利用をさせる行為。
    (6) 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他の者が受信可能な状態におく行為。
    (7) 他の者の設備または本サイト用設備(当社が本サイトを提供するために用意する機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為(与えるおそれのある行為を含む)
    (8) 上記各号の他、法令、本規約または公序良俗に違反する行為、本サイトの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、または当社の財産を侵害する行為、または他の者もしくは当社に不利益を与える行為。
  2. ユーザーは次の各号に該当する場合、パスワード登録を取り消される場合があることを予め了解するものとします。
    (1) 本サイトにおけるパスワード購入時の正当な認証確認にもかかわらずこれが確認されなかった場合。
    (2) 本規約に違反した場合。
    (3) その他当社がユーザーとして不適切と判断した場合。

第9条 専属的合意管轄裁判所
  ユーザーと当社の間で訴訟の必要が生じた場合、長野地方裁判所佐久支部を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第10条 準拠法
  本規約に関する準拠法は、日本法とします。